サイトメニュー

注射器

簡単にできる小顔整形

注射をするだけでエラの部分を小さくできるボトックスの施術は、簡単にできる小顔整形として人気を得ています。難しくない治療法ですが理想的な顔の形にしたい時は、実績のある医師に相談しておくと問題が起こりづらいです。

詳しく見る

女医

施術法を比較する

ボトックス注射によって張っているエラを目立たなくさせることができます。もちろん、他にも施術法はあるので、それぞれの特徴について調べてみましょう。また、費用も施術法によって異なります。費用も心身にも負担がかからない選択をしましょう。

詳しく見る

女性看護師

小顔整形の手術の特徴

エラの部分が目立つ時はボトックスの注射を行うと、硬直した筋肉を柔らかくできるので良い状態にできます。美容外科で受けられるボトックスは最初のカウンセリングで、細かい説明を受けられるので初心者でも安心して治療を行えます。

詳しく見る

角張った顔を改善しよう

顔に触れる女性

悩みを美容整形で解決

昔はすっきりしていたのに、何だか顔が角張ってきたと感じる人もいるのではないでしょうか。実はその原因は筋肉かもしれません。顔が角張って見えてしまうエラ張りにはいくつか原因があります。遺伝などにより骨格が角張っている場合と、脂肪がついて顔が大きく見えてしまっている場合があるでしょう。その中でも意外と多いのが最初に挙げた筋肉が原因によるものです。エラが張って見えてしまうのは咬筋と呼ばれる筋肉が大きくなってしまった場合です。咬筋は食べ物を噛んだりする際に使う筋肉ですが、この咬筋を使いすぎてしまうとどんどん筋肉が鍛えられてしまい大きくなってしまいます。歯ぎしりをしたり食いしばりの癖がある人の場合、無意識に咬筋を鍛えてしまっている場合もあります。寝ている時など無意識で歯ぎしりなどしてしまう人もいる為、知らず知らずの内にどんどんエラが発達してしまうでしょう。そんなエラ張りを改善することが出来るのがボトックス注射です。ボトックスを咬筋に注入することで、鍛えられてしまった咬筋の張りを抑え、徐々に小さくすることが可能です。おかげでこれまで諦めていた角張ったフェイスラインも、張りを抑えて丸みのあるきれいなフェイスラインをつくることが出来るでしょう。ただしボトックスが有効なエラ張りは、原因が筋肉である場合に有効なので、他の原因である場合は別の施術がおすすめです。もし原因が何であるか分からないと言う人は、まずはクリニックで状態をみてもらい、ドクターに判断してもらうことをおすすめします。咬筋が大きくなってしまった場合に有効なボトックス注射は、手軽にエラ張りを改善することが出来ると言うことで大変人気になっています。美容整形と言うとメスをしかって状態を改善することが出来る施術が多くなっていますが、ボトックス注射であれば、メスをして切開すること無く、エラを改善させることが出来るでしょう。また、施術後大きな腫れが出ないのも選ばれている理由です。メスを使った施術の場合、傷跡が大きく腫れてしまったり、内出血が強く出てしまう場合があります。これらの症状が強く出てしまうと、周りにバレてしまうリスクが高まってしまったり、数日間仕事など休まなければいけなくなってしまう場合もあるでしょう。しかしボトックス注射は、大きな腫れや内出血もほとんど出ないので、わざわざダウンタイムを取る為に休む必要がありませんし、周りの人の施術を受けたことがバレてしまうリスクも低くなっています。傷跡が目立たないので、そのまま仕事や学校に行くことが出来ますし、買い物や食事にも行くことが可能です。そのくらい施術後目立ちにくい施術になっています。咬筋を使い過ぎてしまったエラ張りは、改善をしたくても無意識で行っている場合もあり、自分ではどうしようもありません。そんなエラ張りをボトックス注射であれば簡単に改善することが出来るでしょう。もし顔が角張っていることで悩んでいる場合も、ボトックス注射で簡単に解決することが出来るかもしれません。自分で判断出来ない場合もあるので、まずはカウンセリングを受けることをおすすめします。